トップ > 神社紹介 > 上高井支部 > 皇大神社

皇大神社

支部名 上高井支部
宮司名 久保田 衞
神社名 皇大神社(こうたいじんじゃ)
鎮座地 上高井郡小布施町大字小布施1136
祭神名 天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)
例祭日 年中恒例祭儀 4回
由緒 往古伊勢神宮の御分霊を勧請して開発田畑家の守護神として祀る
以来開発居住民の増加に伴い崇敬の念高まり長久年間には社を造営替し境内を拡張す而して地方郷土として郷原直衡・唐沢伊右ェ衛門尉の諸氏代々及び領主として須田久郎為実・福島左ェ門大夫正則・真田伊豆守信之諸氏代々の崇敬厚く又、既に伊勢神宮直属の社にして社は神宮に習いて20年目毎に造営替する例なり
又社財は神宮より年々下向して祭祀は勿論北信州一円の崇敬者に大麻を頒布す斬して明治12年迄存続し同13年より諸制度改まり地方神職及び崇敬者の経営となる。崇敬者数は大凡そ6000人
その他 1月15日の例祭には毎年だるま市がたち安市とも云われ北信一円の崇敬者が集う又当日は火渡神事・稚児行列など盛大に執り行はれる
→上高井支部へ戻る

Copyright(C)2006NAGANO-JinjachoAllrightsreserved